アイドルの曲ばっかのJ-POPに危機感を!!

ライブチャットは札幌が穴場?

友人の話ですが、札幌出張の際一人だったのもあり、
そうそうにホテルに戻ってからライブチャットに興じていたらしいのですが、
ライブチャットは札幌だからなのか、アイドル級のかわいい女の子と出会えたそうです。
そんな話はあんまり聞いたことがないので、やはり穴場と言えるのでしょうか?
来週別の友人が札幌へ行くらしいので試してきてもらいたいところですが、
硬派なM君だから拒否られそうな気もします。
飲んだ時に聞いてみようと思います。

アイドル好きの友人が建築業界の求人誌を読んでいた

建築の求人は、多いのですが建築業界で働く人は減っています。
最近私の友人が建築業界の求人誌をよく読んでいるので、
そのことを教えてもらいました。
面白い人で、J-POPに危機感を感じるとも言っています。
昔のアイドルの曲にくらべて、今のアイドルの曲はつまらないものが多いそうです。
建築業界の求人誌を見るのが、この業界へ転職する時には一番役立ちます。
他の業界紙には載っていない情報が満載されているからです。
友人は建築の仕事への転職を決意したそうです。
人材が足りないので、自分が入って業界を活性化させると言っています。
J-POPに危機感を感じるが、音楽の才能はないので、
音楽業界で働けず残念とのことです。
建築の求人は未経験者でも応募できる良さがあります。

結婚相談所に通っている時に

埼玉県在住の50歳独身(男)です。
もうこの年になると、合コンや婚活パーティーなどに行けなくなり、
2年程前から埼玉の結婚相談所に通っています。
いつの間にか週に一度、相談所に車で通うことがルーチンワークになっており、
決まりのスーツを着て、いつものコースを通って、
同じアイドルの曲を聴きながら通っています。
昔は流行りの音楽を聴いていましたが、
今はすっかり韓国アイドルにはまってしまい、
J-POPに危機感を感じる今日このごろです。
それよりも、ルームミラーに映る、変わり映えのしない50男の情けない姿が、
一層寂しく感じられます。
誰もいない助手席に、いつの日か誰かが座ってくれる日を夢見て、
今日も埼玉の結婚相談所に車を走らせます。

アイドル好きのK氏が作った電池ケース

アイドル好きな私は最近電池ケースにも凝っています。
その電池ケースとはアイドルの写真を参考に3Dプリンターを用いて
立体的な人物を付けたものです。
その種類もモバイルバッテリー用や様々な電池ケースに合うように設計しています。
完成までに時間がかかりますが、我ながら力作だと思います。
その方法は私の好きなアイドルのポーズを付けたケースを3Dで印刷した後、
写真のようにペイントして仕上げています。
完成した電池ケースを持ち歩くことで、
いつもアイドルと一緒にいるような気分を味わっています。
また、世界に一つしかないこの電池ケースは人目にもつき、
同じアイドルを応援している人からも一目置かれている存在です。
譲ってと言われることもあるぐらいで、いつも楽しい気分になっています。

ダイビングは神奈川に

友人が今年ダイビングを始めまして、ついに引っ越しまで成し遂げてしまいました。
ダイビングは神奈川近県で活動しているので、
東京から鎌倉へ趣味のために引っ越すなんて羨ましいですね。
仕事が横浜なので通えますしね。
私の方はというと友人が海の近くに越してくれたおかげで、ドライブの楽しみができました。
好きな音楽を聴きながら海辺についたらカレーを食べるんです。
友人のおすすめのカレー屋さんが本当に美味しくて、定期的に食べたくなるんです。

観葉植物レンタルに興味

とあるお気に入りのレコード屋で時間をつぶしていたんですが、
そこは観葉植物のジャングルにテーブルと椅子がいくつか置いてあって、
音楽を聞きながらお茶できるシステムになっているんです。
この観葉植物がまたいいので、ついつい長居しちゃうんですけどね。
邦楽中心(J-POP多し)のラインナップもお気に入りです。
店長と話してわかったんですが、この店の観葉植物はレンタルらしいです。
どおりで手入れが行き届いているはずだ。
個人でも観葉植物レンタルできるらしい。いいね!

アイドル服をティーカッププードルが着たならば。

私は、毎度テレビに出てくるアイドルを見て思った事がありました。
アイドルの服のデザインです。
アレはなんなんでしょう。
フワッとしていて、光沢があり、適度に露出している…。
ステージ映えして、ファンの欲求を満たすのでしょうが、
私にはティーカッププードルとかその辺のちっこい犬の着る服に見えるのですよね。
多分サイズ変えればペットショップで売れると思います。(適当)
まぁ、歌は基本口パクですから、服で需要を稼ぐ必要があるんでしょう。

井之頭病院の採用について

近頃、仕事やらなんやらで三鷹に行くことが多く、
仕事終わりの友人を誘って飲みにいったりしています。
その友人は井之頭病院の採用担当で、おさななじみでもあります。
J-POP好きという共通項もあるので、時間があったら誘ってますね、最近。
で、井之頭病院の採用について興味があったので話を聞いてみたら、
なんか紹介できそうな人がいたので早速間に入ることにしてみました。
今後、ますます三鷹に用事が増えそうな予感です。

何でも屋?便利屋?だれがゴミ屋敷を掃除するの?

J-pop好きの集まりって意外とSNSにも多いんですけど、
かくいう私も定期的にオフ会に参加したりしています。
特定のアイドル好きの集まりではないので、
幅広いジャンルの話ができてとても刺激になります。
刺激と言えば、この前のオフ会で「片づけられない人」が話題になりましたが、
今じゃゴミ屋敷は東京のあちこちにありますね。
あぁいうのって誰が掃除すんですかね?
何でも屋とか便利屋とか聞きますけど、そういった方ですかね?
ちょっとマンションのベランダをのぞいてみると「うっ」となる住居も多いように思います。
結婚率が下がっているのと関係あるのではないかと思ったり…。
何にしても、周りに迷惑ですから、掃除してほしいですね。。。

看板デザインでCDの発売日をチェック

音楽CDが売れなくなったと言われて久しいですが、
表参道・渋谷・原宿…あちこちに音楽CDの看板が相変わらず設置されています。
音楽CDの宣伝方法としては、ライブやコンサート、テレビ出演、スキャンダル?
と並行して看板はすたれず残るのでしょうか。
少し前のことを思い出すと、好きなアーティストの看板デザインを見つけて写メったり、
発売日を覚えたりしたものです。
今人気?のアイドルグループの売り方はこれと少しばかり違うようですが、
うまく住み分けができているということでしょう。

蛇口が水漏れしたような増殖っぷり!

テレビを見ると蛇口が水漏れしたかのように、
次から次へと新しいアイドルが登場していて、覚える必要はないのですけど、
まったく見分けがつきません。
これだと人気アイドルグループの子が別の事務所のグループに混ざっても分かりませんし、
違和感ないですよね。
これは、業界全体の流れが悪いのか、それを求めている消費者が悪いのか、
そもそも悪くもないのか、考えると頭がおかしくなりそうです。
今の日本のアイドルの数とポケモンはどちらが多いだろうか…。

フレッツ光の乗り換え話

友人がNTT東日本のフレッツ光の乗り換えキャンペーンに心ひかれています。
といいますのも、「光Tokyoハッピータウン」という会員向けのサイト内に
アイドルのポータルサイトがあるかららしいです。
ま、自分はJ-popが好きなのであまり興味はわかないですが、
どうやらカラオケも楽しめるらしく、そこは少し惹かれますかね。
AKB商法なんて言われて久しいですが、どこも同じようなことを考えるのですね。
純粋に音楽を楽しむ人が少なくなったんだな~。

不動産名義変更等で司法書士と話したり、名刺を新たに変更したり⇒巨大芸能プロダクションへ

弱小プロダクションが、一人の新星アイドルや役者で大きな会社に成長するなんて、
昭和や平成前期の時代に聞きましたが、
こうアイドルや役者が多すぎる時代では、なかなかそうはいかないようです。
耳にした話では、そういう者は大手が速いうちに潰すとも聞きます。
と考えるとさらに難しいんでしょうね。
とはいえ、小さな賃貸プロダクションから大きな高級事務所に移って、
不動産名義変更等で司法書士と話したり、名刺を新たに変更したりなど夢なんでしょうね。
多分そんなバックボーンのアイドルは応援するかもなぁ。

プロデューサーにも、一般労働者派遣事業許可を。

私が思うにアイドルが悪いというより、曲を作るプロデューサーが悪いとこの頃思う。
似た曲だなと思って、調べるとプロデューサーが一緒なんてよくあります。
プロデューサーは作曲者というより、提供者であったり、サポーター。
元の散漫な曲を聴きやすく、売れやすい曲に変えて行く。
しかしこれがくせ者で、その行為がつまらない曲を増殖させる原因。
尖ったグループがプロデューサーが付いた途端つまらなくなったなんてよくあります。
派遣労働には一般労働者派遣事業許可が必要らしいですが、
プロデューサーにも規制が欲しいね。

水漏れ修理のあとは…

実は見えないところが水漏れしてたんです。
昨日水道の検針に来たおばさんがわざわざ知らせてくれました。
いつもより+5,000円…痛いです…がありがたいです。
おばさんに感謝したあとは、速攻水道修理業者に電話。
点検も一緒にしてもらわないといけないですし、
ランキングサイトなどを参考に選びました。
さて、いざ修理を依頼した業者さんは年が近そうな感じでした。
静かだと緊張するので音楽をかけていたら1990年代のJ-popに反応、
結構盛り上がりましたよ。

ナース白衣を着たアーティスト

J-popの歌姫と騒がれた数々の女性ヴォーカリストたち。
時代に合わせてさまざまな仮面をかぶって登場してきたように思います。
その変遷も年表にまとめるととても面白いです。
実は今、Youtubeに公開する映像作品をまとめているのですが、
J-popの変遷をまとめたこの作品はぜひみなさんにも見ていただきたいと思っています。
中でもナース白衣を着て歌ったアーティストの変遷もご紹介します。
お楽しみに☆
ちなみに公開予定は7月くらいになりそうです。

アイドルの曲はお嫌い?川崎市不動産さん

先日とある物件選びに、川崎の不動産を回っていた際に、
ラジオを流している所があり、そこでアイドルの曲が流れたのですが、
なんとそこの主人がすぐさまリモコンでチャンネル変更したではないですか!
なにかトラウマでもあるのか、どれほど嫌悪しているのか定かではありませんが、
こういう人もいるよなと納得しました。
私も受け付けないたちなので、あまり聞きたくないのですが、
メディアの露出が多いと否が応でも聞く事になります。
不動産主人はラジオは聞きたいがアイドル曲は聞きたくないんだろうな。

スズキGSX-Rと相容れない最近のJ-pop

友人はJ-pop好きのバイク乗りでスズキGSX-Rが愛車です。
J-pop好きといっても昨今のアイドル曲ではなく、
80年代から現代までの専門性の高い音楽が好きということで、
よく会っては音楽談義に花を咲かせている次第です。
さて、J-popの話題も尽きないのですが、
バイクや車についても語ることは多くあります。
友人の愛車スズキGSX-RはJ-popと同じく愛してきたらしいのですが、
ここ最近のJ-popはアイドルばかりが幅を利かせていておかしい!
と憤慨しております。